富士山に登り隊2016レポート

富士山に登り隊2016 2015.09.09-10

昨年の十月登山のくそ寒さに懲りたので、今年は例年秋分の日には降る初雪の前に…と思っていたら、どうやら天気予報を見てもこの週末しかないということで、九月に入って早々行ってまいりました。

いつものように富士宮口からということで富士山スカイラインに向かっていると「マイカー規制」の看板が!! 天気はすごく気にしていましたが、マイカー規制がまさか九月まで伸びているとは思っていませんでした。

水が塚駐車場(ちなみに1,000円)に着いた時間にはもう上にいくシャトルバスはありません。以前に来た時にも利用したタクシー(今年は5,150円均一らしい)を、今回も使うこととなりました。

それにても、山閉じをまだしていないからか、駐車場にはかなりの車がいました。

一通り準備は完了しているのですぐに乗れるのですが、水だけは手持ちにして、いざ富士宮口五合目へレッツゴーです。タクシーの運転手さんとマイカー規制の話とか保全協力金の使われ方(1,000円のアレです)とか野生動物の話をしながら、23時には五合目に到着です。

今年は隊長一人なのでお気楽ですが、ここ数年で体が一番重いのでは!?という状態なので、山頂までかかる時間を五時間以上、と見積もります。

日の出は05:13なのですが、天気が良すぎなのでたぶん10分以内には日の出でしょう。0時前からスタートでいいんじゃないかと、お手洗いとかを済ませてダラダラしようかとも思いましたが、することもないので23:18から登り始めます。

六合目、新七合目、元祖七合目とつめていきますが、意外とペースがいいです。

体が重いのでペースが上がらないだろうとか思っていたのですが、暑くなく、そして寒すぎず、なので見積もりよりも早すぎます。補給も飴と水と、各山小屋で即効元気を一つだけ、という省エネ登山、レイヤリングも元祖七合目でやっと四枚目のウィンドシェルを着るくらいの余裕です。
(最初は長袖インナーシャツとTシャツ、長袖の二枚)

そんなこんなで九・五合目に三時過ぎについてしまい、四時前には富士宮口山頂に到着しました。
去年はくそ寒くてハイドレーションのホースの中で水が凍ってしまうし、スリーレイヤーの手袋をしていたのがウソみたいな快適さです。
(そう考えると、八月の登山とか、日中の登山はどれだけくそ暑いんだろう!?)

それにしても山閉じ前ということもあり、人が多いですね。
山小屋のカレーの匂いがうまそーだった!!
下からもおおぜい登ってきます。

なんと日本一高い所にあるあのバイオトイレも開いていました。
いつまで開いているのか聞いたら、10日の10時までということだったので、お鉢周りをしてからあとできますといったら、たっぷりためてきて(!?)、ということで剣が峰に向かいます。

というわけで、当初の見積もり通りというか、実際には思っていたよりも早く!?五時間で日本最高峰の剣が峰まで到着しました。さすがにまだ渋滞にはなっていませんが、結構な人数がいます。

とりあえず測候所の壁の端っこに陣取ってご来光を待ちます…あと一時間近く…まあ氷点下でないだけましですかね。ウィンドシェルの下にユニクロのダウンで十分しのげます。

太陽さんはやく出て!!といいながら、となりの若者とお話をしながら待ちます。

img_3595 img_3599 img_3601 img_3604

でたー!! \(^o^)/

こんなにドーンと出るのは久しぶりですかね、山頂にいるみんなもやんややんや…半分くらい日本語じゃないのでわからない(笑)
自衛隊よろしくフル装備のあんちゃん(本職かと思った)にスマホで写真を撮ってとお願いされたのでほいほいっと撮ってあげたり。

で、若者と別れて、自分もお鉢周りのために燃料チャージして山頂を後にしようとしたら、測候所の脇でさっきのスマホのあんちゃんが泣いてます。

富士山山頂だと、笑ってる人(自分も初めての時は何だかわからないけど笑ってた)とかグロッキーな人とかはよくいるけど、泣いている人はなかなかいません。

「写真ちゃんと撮れてたー?」と声をかけつつ、どうしたん?と聞くと、なんと椎間板ヘルニアで全然歩けなかったのが、ついに富士山頂まで来ることができたから、とのこと。その短い答えの中には、本人しか知らない大変な努力があったんだろう、と隊長も一瞬で理解しました。

よく頑張った!! (゚д゚)/

隊長ももらい泣きしてしまいましたが、帰りの方が腰に来るからね、気をつけて帰ってなー、ということで別れました。

富士山、いろいろな人が登りますけど、ひたすら苦しいだけですけど、こういう話を聞くと(見ると)、来てよかった!!って思いますね。一緒にその場に居た同士でなければ判らない感動をおすそ分けいただいて、お鉢周りもあっという間でした。

img_3606 img_3607 img_3608

で、途中アマチュア無線で声を出したら、久須志神社側で、昨日の晩からメッセンジャーでやり取りしていたフォロアーと交信することができました。こちらはハンディ機(VX-6)のローパワー(1W)でしたが、さすがに見通しだと余裕ですね、高瀬OM、ありがとうございました。

これでサブミッションのうちの一つが終わりましたので、残りもささっと片づけましょう。

img_3611 img_3609 img_3610
まずは日本一のトイレで用を足します。300円なんですけど、領収書とか何にもない、ということだったので、写真だけ撮りました。(笑)

スタンプとかでいいから置いとけばいいのにね。あ、することはしましたよ。

その後、トイレの上!?横!?の三島岳に移動して、次なるサブミッション「赤いきつねは富士山頂で食べれるか?」です。

一昨年(2014年)はカップヌードルを美味しくいただきましたが、果たして赤いきつねの太い麺は山頂の沸点(87度~88度)でゆだるのか?

img_3612 img_3613 img_3614

…チョットかたい。(爆)

日本のカップ麺の技術力に期待しましたが、そもそもこんなところで食うことを想定していないのか、五分ではまだ芯が残ってました。
(つゆがおいしいので、結局全部食いましたけど)

というわけで、そんなこんなで山頂でのサブミッションは一通りこなしたので、7:45下山開始です。

実は下山中にもサブミッションがあります。

今回の下山ルートは、途中までいつものようにブル道を使いますが、あえて御殿場口登山道の方にいって、2013年にお水をもらったわらじ館でなんか買おう、と思っていたのです。で、そこから宝永火口を回って富士宮五合目へ、というルートです。見積もりとしては四時間くらいかなぁ?という感じです。

img_3615 img_3616 img_3617

お、やってましたわらじ館。無事に…あとに残るバッヂ(500円)をゲットしました。

そして無事にまだゲートで封鎖されていない六合目に到着…あれ?早いね。
かなりダラダラとのんびり歩いてきた気がするんですが、途中すっころぶこともなく五合目に無事帰還いたしました!!

さすがに帰りはバス(1,150円)ですけど、水が塚駐車場に戻って、おきまりの御胎内温泉で汗を流して帰りました。

さて、来年も無事に登れるといいな、そして一期一会の素敵な出会いがあるといいな。

 

富士山に登り隊2015レポート

富士山に登り隊2015 2015.10.09-10

今年は忙しくてなかなかいけなかったのですが、雪が降る前に是が非でも、と十月になってから富士山に登ってきました。

さすがに十月、まだ初冠雪の便りもないのですが、念のために静岡県警に登山届をインターネット経由で出しました。

そうしたら、富士山に向かっている最中に県警から電話があり「だいじょうぶですかー?」としつこく聞かれましたが、たぶん大丈夫です、だめならやめます、とお答えしておきました。

ピッケルやアイゼンを全力で勧められましたが、さすがにまだ冠雪していないし前日までの天候的にも要らないと思うんですけど…とはいえ、昨年は残雪で断念していますから、雪が降りそうなら持っていくに越したことはないでしょうね。

まぁ単独行で、しかも夜間登山ですから…まぁその先は空気を読みましたが「いってきまーす」といっておきました。

富士宮口五合目には九時前について、三時間ほど仮眠を取って00:30から富士山登山開始です。さすがにこんな時期に夜行はいないのか、ほとんど車は止まっていません。

すでに秋から冬の気配ですので、服装も冬山用のインナーなどで最初から三枚着込んでいます。ほかに、ソフトレイヤーとレインウェアと、山頂滞在用としてダウンも持って行きます。手袋は厚手のもののほかに、同じく山頂滞在用としてスリーレイヤーのも持って行きます。

それにしても空気が澄んでいます。

空は満天の星、そして下界の夜景もばっちりです。そして…風が強くて体感温度はけっこう寒いです。今回は省エネ登山ということで、アミノバイタル即効元気、そして飴だけ持ってクライムオーン!!

写真を撮りながら、一合ずつつめていく間に、ソフトレイヤーを着て、レインウェアのジャケットを着て、手袋をスリーレイヤーに交換して…とにかく風が冷たいので、防風対策を厳にして体感温度が下がらないようにしました。

ハイドレーションの外に出ている部分にある水が凍ってしまうのですから(のめねー)

それにしてもアミノバイタルはすごい効きますねー。

足があがらねー、という感じでもうだめか?とか思っても、アミノバイタルを飲むと直後から30分くらいは体に(意思に!?)反して勝手に足が動きます。

プラシーボ効果?と疑う方もいるかもしれませんが、実際飲んでいるほうは「きかねーだろ」とか思って飲んでいるので、逆に効きすぎて「これ完全にドーピング検査に引っかかるわ」とか笑いながら登っていました。

そんなわけで、かなりアミノバイタルでドーピングをしながらですが、予想通りというか五時間そこそこで浅間神社に到着…もちろん誰もいません。

今回の目的は日の出の様子をRaspberry Piでタイムラプスのリベンジだったのですが、右(関東平野側)にいっても左(剣が峰)にいっても間に合いそうにないので、とりあえず剣が峰に向かって、最後の急坂、馬の背を目指しました。


(あれれ、馬の背に取り付いたらご来光がきてしまいました)

そんなこんなで六時前には剣が峰に着きましたので、まあとりあえず機械だけセットはしてみました。


(影富士もばっちり)


(お?去年から色が変わっていますね)


(雪がないので、火口も下までばっちり見えます)

が、そこでアクシデント発生!!

なんと今年から!?三角点付近ではDoCoMoが通じるので、氷点下の中、かじかみながらスマホをいじって遊んでいたら、なんと自分がやっているサービスがトラぶっているというメールが入っているではありませんか!?


(右下の日時は正確ではないのですが…哀愁の富士山頂サーバーメンテ)

日本最高地点で氷点下のなか、どんだけエクストリームサーバーメンテナンス!?とか思いましたけど、フリック入力でがんばってみましたが、さすがに無理がありました。

ひとまず車まで戻ればBluetoothキーボードがあるのでメンテナンスできるので、本当は山頂で二時間くらい遊んでいようと思ったのですが、そうそうに撤収&下山開始です。実際には、日は出たものの、太陽が完全に冬モードでぜんぜん暖かくならなかった、というのもありますが。

で、二時間少々で富士宮口五合目に戻ってきてサーバーに早速ログインしてメンテナンス終了、仮ですが無事にサービス復旧しました。

富士宮口はすっかり行楽客で埋め尽くされていましたし、これから富士山に登りますという人もけっこういました。

翌日には富士山冠雪しましたので、ぎりぎり間に合って!?よかったです。

さて、来年は何回登れるかな?